キャリア別アドバイス

40代の転職アドバイス

検討段階

40代の方の転職について、一般的には年齢が上がるごとに成功する確率が低下すると言われますが、これまでのご支援経験からもこれは認めざるを得ない事実かと思います。40代向けの求人は、専門的なスキルや知識を求める求人、マネジメントスキルを求める求人などが多く、企業は年収相場が高い40代には高い即戦力性を求めます。弊社ではそれらスキルをお持ちの方を同業種・同職種などへの転職をこれまで数多くご支援してきました。一方で、ご自身のこれまでのキャリアと親和性が高い求人に絞ると対象となる求人数は少なくなります。よって、転職活動期間も長期化する可能性が高く、20代・30代であれば3カ月程度で転職活動を終えることができたのに、40代ではいっこうに書類選考が受からない、面接で良い結果がもらえないという事態も起こりうるため、転職には半年~1年程度の期間を要すことも覚悟しておいた方が良いです。
また、高い即戦力性が求められる40代では、求める企業に巡り合い転職が実現するか否かは未知数であるため、本当に転職しなければならないのか、今一度慎重に考えることが重要です。時には現在の会社にとどまることも選択肢として、そこで自分の能力を伸ばすこと、これまで身につけてきた知識やスキルを維持することも検討する必要があります。また、慎重に検討した結果、転職の意向が高い場合には、現職の仕事をこなしながらの転職活動を実施することをお勧めします。現職を先に退職してしまおうと検討する方も少なからずいるはずですが、これはリスクが高すぎます。40代の転職は、先ほど述べたように長期化する可能性も高いため、早まって先に退職してしまうと、再就職が出来ないことに焦って、結果的には想定を下回る条件のもとで働かなければならない事態も起こりうるため注意が必要です。

転職理由

日々転職のご相談を受ける中で、40代の方からお聞きする転職理由は大きく分けて以下の3つがあげられます。

経営方針や労働環境の変化についていけない

40代の方の転職理由として特徴的なのは、「経営方針への違和感」が多い様に思います。給与や自分への評価など直接自身に関わることではなく、会社が目指している方向性に同意できない、社長の考え方についていけない、などという経営に関する価値観の相違です。
40代になると管理職ポジションに近づき、若いうちは見えなかった会社のぼろに目が行きがちであったり、より経営層に近い立ち位置で業務遂行する中で会社の将来性に不安を覚えることがあるのです。そういった方々は、総じて愛社精神が強く、若い時から業務遂行能力が高さから活躍してきた方が多い様に思います。主体的であり自分なりの意見や持論を持っているからこそ、プライドが高く柔軟性が低くなってしまうため、経営方針へのずれに対して簡単に引き下がる事ができないのです。それら価値観の相違を受け入れられないことが明らかな場合には、不健全な不満を抱いたまま働くよりも、早い段階で自分らしく働ける場所を探すことも合理的な転職かと思います。ただしその場合の転職では、経営状況や仕事内容や条件面だけでなく、特に企業理念企業風土などに自身が共感できるか注意してみていく必要があります。

自分や家族の健康状態の変化により働き方を変える必要がある

40代になると要介護者を抱える方も多くなり、両親を介護する必要に迫られ、両親が住む地元へのUターンや、中には介護を理由に退職を選ぶ方もおられますが、再就職することを考えるとその選択はあまり望ましくありません。離職することで、積み上げてきたキャリアが喪失されるだけでなく、収入源が断たれる一方で何年続くかわからない介護に必要な出費な増大します。再就職しようとした場合に、職種によっては介護が終わった後に以前と変わりなく復職できるものもあります。ですがそれは少数派であって、40代という仕事に対する責任が増え、企業において重要なポジションを任される時期に離職すると、全く同じポジションでの復職は難しくなります
よって、会社や周囲の協力を得ながら、介護と仕事を両立させる方法を考えることが大切です。介護休暇の取得、残業時間の削減、短時間労働への切り替えなどを会社と相談することや、自分以外に介護を手伝ってくれる存在の確保を模索しながら、それでも難しい際には転職にも目を向けると良いです。

働き方やキャリアプランに対する希望が変わり現職が合わなくなった

40代の方がキャリアを見つめ直す際、人材育成に携わりたい後世や生まれ育った地域への社会貢献がしたいと言われる方が多い様に思います。その気持ちは分からなくもありません。ビジネスパーソンとして一定の成功を収めた方は、自分がやってきた仕事に自負があり、自分の経験から後進に教えられることがいっぱいあると考えるようです。
ただし、その思いに従う場合には、何をすることが相手の人や社会に対して価値のある高いパフォーマンスを発揮できるかという視点で考える様にして頂くと良いです。その視点で考えると、おのずと今までの仕事で磨いてきたスキルや経験をどう活かしていくのかということになります。結果的には、同業種・同職種での転職を実現されるケースが大多数となります。

キャリアプラン

40代の方の転職で、今後のキャリアプランを検討する際に注意したいポイントを上げてみます。

転職理由を明確にして慎重に判断する

40代の転職は、20代のように「なんとなく」での転職はリスクが高すぎます。まずは、抱えている課題を現職で解決できないか考えるべきでして、考えたうえで転職しなければ解決しないということが分かれば、はじめて転職を検討するべきです。
企業が40代の求職者の方に求めるものは、高い即戦力性です。即戦力性とは、同業種での知見、同職種での経験やスキル、管理職としてのマネジメントスキル、人脈や人間関係などでして、これらを活かせる企業への転職であれば、見事内定を勝ち取り活躍しておられる方も多くおられます。

自分の行動の基礎となる価値観や原則について考えてみる

これまで述べてきたように、経営の違和感で転職を検討するケースが多い40代にとって、自分らしく働ける自分の価値観に合った会社を見つけることは大変重要です。そのためにも、自己分析を行い、仕事をする上で大切にしていることや、自分にとって仕事とは何か、そして自分に合う社風とはいったい何なのか、を見つめ直してみます。財務データなどの経営状況や仕事内容や給与などの条件面だけでなく、経営理念社風職場環境にも着目した会社選びをされるべきです。

これまでのキャリアで得た自身の強みを知る

40代を対象とした求人数が多いとは言えない転職市場で、ある程度のご自身の希望に見合った企業での内定を勝ち取るには、ライバルが多く存在する転職市場で通用する企業にこれだ!と思わせる差別化された自身の強みを把握し、適切にアピールすることが重要です。強みとして、専門的な知識やノウハウだけでなく、仕事のやり方や人とのかかわり方といった業務遂行上の能力や技術についても言語化しておくことで、人物像も重視する企業に対しては面接で戦える武器になる可能性があります。
ただし、自分に有利なアピールばかりですと、自己主張が強いという印象を与え、組織に適応できない人材と判断される可能性が高くなります。これまでの職務経歴の強みをアピールしつつ、企業が求める人物像をあらかじめ確認しておき、企業の要望に合わせてフレキシブルに対応しようと試みることが大切です。

成功ストーリー

40代の方の転職の場合、企業が採用するときに重視するポイントとしては以下3つあげられます。

専門的知識をアピールする

他の年代に比べて年収相場が高く即戦力性を求められる40代において、転職市場での最大の武器はこれまで培った業界や職種での専門的知識やスキルです。よって、転職先として可能性が高くなるのは同業界・同職種ですが、技術系ご出身の方であれば、専門的知識やスキル、長いキャリアで培ってきた職務能力や実績、資格などを中心にアピールしてください。
また、営業系のご出身の方であれば、経験業界への知識の深さ、取引先に対する知見、目標達成能力や営業実績などを具体的にアピールすると良いでしょう。

マネジメント経験

専門的知識以外に40代に企業が求める要件として、リーダーシップ力などを図るマネジメント経験があります。入社時には管理職としての採用でなくとも、管理職候補としての採用の場合が多く、中長期的に新たな環境でのリーダーシップを発揮してくれる人材かどうかの判断をマネジメント経験から読み解いています。
よって、人事考課などのライン長としてのマネジメント経験があれば強みになりますし、無い場合でも、後輩指導経験や育成力、チームやプロジェクトのリーダー・マネジメント経験があればそれらをアピールすると良いです。

過去の経歴や実績にこだわらない

40代になれば、誰しもビジネスパーソンとして一定の成果を残しており、自分のやってきた仕事に対しての自信もあるため、柔軟性が持てずこれが正解というように自分の考えを押し付けてしまう部分が少なからずあると思います。しかしながら、環境が変われば新人、あくまで一からスタートという気持ちが伝わるように謙虚な姿勢で臨む必要があります。
前職が大手企業だった、年収が高かった、部下が大勢いたなど、過去の経歴や実績にはこだわらず、新しい企業文化に合った業務遂行を心がけましょう。
完全無料転職サポートエントリー