転職成功事例

やる気がどれだけ大切かを改めて思い知らされた好事例です

前職
  • 年収
    350万円
  • 職種
    社内システム企画・運用
  • 業種
    外資系化学メーカー
  • 勤務先
    広島市
現職
  • 年収
    500万円
  • 職種
    フィールドエンジニア
  • 業種
    半導体製造関連アウトソーシング
  • 勤務先
    尾道市
Tさん専門学校
普通科
25歳・経験2社

派遣技術の経験を経て、前職では希望の職種に就くことができましたが、その矢先に経済的な煽りを受け、メーカーとの契約打ち切り、そして退職、待っていたのは絶望感しかありませんでした。

その後も1年2ヶ月程、自分に合った就職先が決まらず、更にこの年にして実家の両親に世話をしてもらっている自分の姿があまりにも情けなく感じていました。

そんな時、共栄経営センター担当者様から自分にとって採用の可能性がある企業様を紹介していただきました。
先方との面接では、正にエンジニアとしてのお声をいただき、そして環境も勤務場所も過去の勤務経験に合致し、スキルアップの要素も豊富にあることから、自分にぴったりの案件だと確信しました。

当初、選考は厳しい状況にありましたが、結果、採用をいただけたのは、共栄経営センター担当者様、及び応募先企業担当者様のお力添えがあってのことであり、大変に感謝を致しております。

こんなに実質的に就職活動に協力していただける人材紹介会社様は他に例を見ません。

勤務先では必ず結果を出してみせます。本当に有難うございました。

キャリアコンサルタント

自分の思い・意気込みを伝えるレポートが奏功

この度共栄経営センターから外資系の半導体検査装置メーカーをご紹介させて頂きましたが、当クライアントは日本に進出し歴史も浅く、
また少人数であるため日本法人の社長も自らプレイヤーとして多忙極まりなく中々面接も設定できない状態でした。

一度決まった日程がトラブルシューティングのため変更され次の予定さえ組めないなど面接設定するまでかなりの時間を要しました。
やっとのことで面接に漕ぎ着けても、いきなり英語の試験と計算問題がなされ、寝耳に水も然ることながらTさんは業務から離れて日も長く、
計算問題ではTさんらしからぬ凡ミスもあり、最後には解答に辿り着くものの決して心象は良いものではありませんでした。

恐らくここでTさんが諦めていたら内定は間違いなくなかったでしょう。この時Tさんが取られた行動とは?

Tさんは、自分の思い・意気込みを伝えるため自らレポートを作成しました。単なる思いややる気を伝える言葉を並べただけの手紙ではなく、
同社製品の特徴を踏まえ入社後にどのように取り組んでいくべきか、課題は何かを技術的見地から数枚のレポートにまとめ上げました。
これには日本法人・海外本社も熱意を感じて頂き、募集要件をパーフェクトに満たすもやる気が感じられない人物より
(実際に当クライアントは過去にリクルーティングに失敗した苦い経験を持つらしい)、面接ではちょっと躓いたが、失敗をリカバリーし行動に移し本当に当社の一員になり頑張りたいと思う人に来て欲しい、と2次面接のチャンスを頂きました。結局本国スタッフの面接含め計3回の面接をクリアし希望のお仕事に就かれました。

必ずしもレポートを作成したからといって内定が得られるものではありません。却って往生際が悪いと取られる可能性もあります。また、可能性が無いと判断された場合は幾ら情熱があっても無理です。その点はくれぐれもご注意頂きたいところですが、やる気・情熱・気概・覚悟が内定を得るためにどれだけ大切なことなのかを今回改めて思い知らされました。

Tさんがあの時レポートを作成されなかったらこの話は終わっていました。Tさんがレポートを作成されたからこそ私自身が突き動かされたことは紛れもない事実です。

完全無料転職サポートエントリー