転職ノウハウコラム

【金型設計職】職務経歴書テンプレート見本

■職務要約

○○大学○○学部を卒業後、新卒にて株式会社○○○○○に入社。研修終了後、設計部門へ配属。製図、2D、3D-CADの基礎と汎用機械、CAMの基礎を身につけ、主に自動車ボディー部品のプレス金型の設計、タイ関連会社の技術指導などを担当して参りました。現在は、設計部の課長職として、設計業務に加え、生産技術業務にも従事しております。

■職務経歴

20xx年xx月~現在 株式会社○○○○○
事業内容:自動車向けプレス金型の設計、製作
資本金:x千万円 売上高:xxx億円 従業員数:xxx人 本社所在地:広島県広島市 設立年:19××年
雇用形態:正社員

20xx年xx月~20xx年xx月
配属先:設計部

【担当製品】
自動車ボディー部品
例)ルーフ、ピラー、グリル 等 

【業務内容】
プレス金型の設計業務に従事
・TRF型、タンデム型の設計
・トライ後の不具合修正
[使用ツール]3D-CAD(CADmeister)、2D-CAD(AutoCAD)
 
20xx年xx月~20xx年xx月
配属先:設計部
職位:リーダー
タイ関連会社現地スタッフへの技術指導(1年程度)

20xx年xx月~20xx年xx月
配属先:設計部
職位:課長
設計業務に加え、部品担当業務も担当
・客先からの工程企画書を元に、成形性評価、工程検討
・工程要領図(ダイレイアウト)作成
・社内設計者及び外注設計工務店への図面手配、検図
・社内トライアウト立会、不具合の洗い出し、修正指示
・客先ライントライ立会

【使用ツール】
[3D-CAD]CADmeister 10年以上
[2D-CAD]AutoCAD 10年以上

■活かせる経験・知識・技術

・3D-CAD(CADmeister)、2D-CAD(AutoCAD)の使用経験(10年以上)
・自動車部品(プレス)への知識
・顧客要望に応えるための発想力
・顧客への提案力・それを裏付ける経験値と説得力
・社内外の関係者とのコミュニケーション能力

■資格

・普通自動車免許
・CAD利用技術者試験1級

■自己PR

工程検討から金型設計、トライアウト立会や不具合対策などプレス金型製作における多くの工程を経験してきました。業務を行ううえでは、常に他部署と積極的にコミュニケーションをはかり、スムーズに仕事が進められるように心掛けています。これらの経験を貴社での業務に役立て、貢献したいと考えております。また、学ぶ姿勢を常に忘れず、新しいことに意欲的に取り組んでいきたいと思います。

【金型設計職】職務経歴書の書き方のポイント

金型設計職の職務経歴書では、先ずは金型設計で必要とされる3DCADを操作できるスキルと3次元データの解読能力のアピールが必要です。
また、金型設計には、単に3次元データに変換するだけでなく、製品の企画意図を3次元データ上で理解し、素材の性格を把握して、より良い金型設計を短期間で作成する能力が求められます。
よって、3DCADが扱えるといったテクニカルスキルだけではなく、高品位の金型設計の経験やノウハウを持つ方は、その経験やノウハウが大きなアピールポイントになるでしょう。
また、様々な素材に関する知識を持っている場合には、それらも積極的にアピールしていきましょう。
完全無料転職サポートエントリー