転職ノウハウコラム

面接のポイントは”口のうまさ”ではない!面接必勝マニュアル

面接の目的・方法は企業によってさまざま

書類選考にパスすれば、いよいよ面接となります。

中途採用の場合、面接は2回程度実施されるケースが一般的ですが、中には3回以上行われる場合もあり、中小企業であれば社長が1回で採否を決めるということも往々にあります。

書類選考段階(職務経歴書の内容)でほぼ内定が決まっていそうなケースであれば、面接というよりは狙い撃ち、囲い込み、口説きの場となり、一方では基本的に応募者全員と面接をするというスタンスの企業もあり、その選考方法も一様ではありません。

適性試験を実施する企業もあれば、しない企業もあり、10名近い面接官が横長のテーブル越しに座る場合もあります。

このように選考には各々の企業の考えに即した方法が用いられます。

面接の方法を見るだけでも、企業がどのような人材を求めているかのひとつのヒントになります。

必ずしも面接に自信のある人に内定が出るわけではない!

共通するのは、最低1回はface to faceの面接が行われるということです。

当たり前ですが、ここがクリアされなければ内定は得られません。

面接に自信を持つ人もいれば、苦手意識を抱く人もいらっしゃいます。
しかしながら、必ずしも自信のある人に内定が出されるものでもなく、反対に面接を得意としない人でも内定は出ます。

では、どういう場合(人材)に内定が出されるのか。
あるいは内定を得るための方法とは。

すなわちその答えが、面接必勝マニュアルに他ならないのではないでしょうか。

では、具体的に見て参りましょう。
ポイントは3つです。
【内定を得られる人材3つのポイント】

POINT1)きちんと自分自身のキャリアの棚卸しを行い、それを職務経歴書に落とし込み、深い領域で自分の言葉でそれらを説明することが出来る方

POINT2)なぜわが社なのか?わが社にどんな貢献をしてくれるのか?わが社で何を実現したいのか?を具体的に説明できる方

POINT3)企業の求める人物像・要件を把握し、マッチした部分を訴求するとともに足りない部分をどうやって補っているか(補おうとしているか)を説明できる方
この3点以外にも必要なことはあろうかと思いますが、この3点を押さえておけば、かなりの確率で内定は取れます。

3つのポイントを攻略するには

POINT1)きちんと自分自身のキャリアの棚卸しを行い、それを職務経歴書に落とし込み、深い領域で自分の言葉でそれらを説明することが出来る方
職務経歴書の作成時にトコトン考え抜いて、棚卸を実施していれば、対応できます。

自分の頭の中でしっかり考え抜いて文章にまとめたものであれば、仮に面接時に緊張をしていたとしても、自分の言葉で自分自身の考えを自信を持って述べることができます。

面接官が知りたいのは、「あなたの考え」であり「あなたらしい工夫」なのです。

もう一度経歴を振り返り、自分自身が汗水流しやり遂げたことや工夫したことを書き出してみて下さい。

そこに他の誰にも負けることのない、あなたらしさが見えてくると思います。
万が一、その様な材料が見つからなければ・・・・?

⇒それは、今は転職すべきときではないことを示唆しているのかもしれません。
もっと今以上に実績を積むことを優先すべきかと思います。
もしくは、それらを意識し早急に経験を積み上げていくことが重要です。
POINT2)なぜわが社なのか?わが社にどんな貢献をしてくれるのか?わが社で何を実現したいのか?を具体的に説明できる方

POINT3)企業の求める人物像・要件を把握し、マッチした部分を訴求するとともに足りない部分をどうやって補っているか(補おうとしているか)を説明できる方
POINT2&3は、自分自身の目指す方向、ベクトルと希望する企業のそれが合っているかどうかの確認となります。

いくら優秀な人材であっても、その目指すべき方向が違えばミスマッチとなります。

少々無理な営業トークでも営業実績を上げることを良しとする企業もあれば、石橋を叩いても尚叩くという堅実な商売をしている企業もあります。

どちらも営利目的でビジネスをしていることに変わりはありませんが、企業の考え方や根付いた風土により、そこに至るプロセスは異なります。
言うまでもなく前者でバリバリとやって来た人(それを良しとする人)は、後者ではなかなか受け入れられにくいものです。

この方向性がマッチした時、なぜ“わが社であるか”の理由が明確になります。

あとはこれまでの経験、スキルをどのように生かしていきたいのか、伸ばして行きたいのか、その説明となります。

ここで重要なのは、企業が求める要件とマッチしていることです。
独りよがりな思いでも、陳腐化したスキルでもダメなわけで、ある程度的を得た内容でなければ、企業に関心を持ってもらえません。

企業が求める人物像は、求人票の中に

では、企業が求める要件とは何でしょうか?
どうやってそれを知ることができるのでしょうか?

答えは簡単で、求人票、この中にあります。

特に大手の求人広告では募集背景から求める人材像と細かく書かれた求人票も多いですので、そこから判断ができます。
それに即し志望動機書や職務経歴書をまとめて行けば、大きなはずれはありません。

ただ、同時にそれは、全体の中の一部を切り取った情報に過ぎないことも理解しておく必要もあります。

全体像を知るには企業のコーポレートサイトにじっくり目を通し、業界の動向、世の中の情勢なども併せて見ておくことも必要です。
そして自分なりの将来予測を立て、その中でどう生きて行きたいか(そのために何をしなければならないのか)をしっかり考え抜くことが大切です。
完全無料転職サポートエントリー