転職ノウハウコラム

受かる自己PRの書き方~履歴書・職務経歴書・面接で使える作成のコツ~

「自己PR」は、応募先の企業に自分の強みや得意分野、専門性を伝え、自分を売り込むためのものです。
書類選考の段階で履歴書・職務経歴書への記入が求められることがあるほか、面接では良く聞かれる質問の一つにあげられます。
転職活動を成功させるためには、企業側に評価される自己PRの準備が必要です。

その反面、履歴書・職務経歴書を作成するときに行き詰る項目が「自己PR」。
一体何を書けばよいのか頭を悩ました経験のある方は多いのではないでしょうか。

そこでこのページでは、履歴書・職務経歴書の作成時の参考に、採用担当者目線で考えた質の高い自己PRの書き方・まとめ方を解説していきます。

1. 採用担当者に評価される自己PRのまとめ方・考え方

転職活動において、「自己PR」は、応募先の企業に対して自分を売り込むための大切な要素となります。
「自分を採用すべき理由」「自分が入社した際に貢献できること」というふたつの要素を、上手にまとめる方法を紹介します。

過去の仕事での経験・実績を洗い出す

まずは、自分が今まで経験してきた仕事の内容を全て洗い出してみましょう。
営業職であれば「新規顧客の獲得」「既存顧客への継続提案」、企画・マーケティング職であれば、「新規プロジェクトの立ち上げ」「プロモーション施策の立案」といったものになるかもしれません。
技術・開発職であれば「製品の製造・工程管理」「品質管理」「新製品開発」といったものが挙がるはずです。
具体的な作業内容や自分のポジションも併せて洗い出してください。

続いて、洗い出した仕事内容に数字で表現できる実績を付け加えていきます。
営業職なら、「1年間に新規顧客を20件獲得」「売上予算の150%を達成」などといった形になるはずです。
企業の利益に直接的に関わるものが最も分かりやすいのですが、それが難しい場合は、「合計30人が関わるプロジェクトの進行管理」「製造効率を120%上昇」といった形でもかまいません。
とにかく数字で表現してみることが大切です。

応募企業・職種で求められる能力を想像して経験・実績を厳選する

続いて、応募する企業・職種で求められている能力を想像してみることです。
応募企業・職種で必要とされていない経験や実績であれば、過去にどんなに仕事で優れた実績を残していたとしても採用担当者には刺さらないことを理解しておきましょう。
例えば事務職に応募するのに、「新規開拓の営業を得意としており、前職では前年比150%の売り上げ増を達成しました」と自己PRをしたとしても、採用担当者から良い評価は得られないのは明白です。

自己PRの内容は、応募企業・職種で求められる能力と自分の経験・実績・専門性・スキルなどを合致させて組み立てることが非常に重要です。
やみくもに「私はこんな仕事ができる」「こんな能力がある」と自分の強みを伝えるだけでは不十分なのです。

応募企業・職種で求められる能力を理解するためには、まずは求人情報をしっかりと読み込むことです。
求人情報には、職種や所属する部署での基本的な仕事内容のほか、「入社後に達成を期待されているミッション」が記載されているのが一般的です。
また、応募要件や求める人物像からも、企業側が何を求めているのか把握できます。
しっかりと理解した上で自己PRに含めるべき経験・実績を検討しましょう。

また、応募企業の事業規模やビジネスモデルも、求められる能力を知るためのヒントになります。
例えばベンチャー企業に応募するなら「積極性」「目標達成意識の高さ」「ひとりで幅広い分野を担当できるスキル」を重視するかもしれません。
逆に社員数の多い大手企業では、「他部署と連携したプロジェクト進行の経験」「外注企業をコントロールするスキル」が求められるかもしれないと考えるわけです。

さらにこの時点で、アピールするポイントを2~3点程度に絞っておくといいでしょう。
履歴書・職務経歴書に書く際も、面接で答える際も、自己PRには簡潔さが求められます。
むやみにたくさんの要素を詰め込もうとすると、内容が薄く、具体性に欠けるものになってしまい、逆効果になる可能性があります。

厳選した経験・実績を能力・スキルに言い換える

次に、厳選した経験・実績を実現するために必要だった能力・スキルをひとことで表現してみましょう。
これは自己PRの内容を象徴するキーワードとなり、履歴書・職務経歴書に自己PRを記入するときの見出しにもなります。

例えば、「新規開拓の営業を5年間担当し、毎年、売り上げ150%増を達成した」という経験・実績からは、「開拓型の営業力がある」「積極性が高い」「フットワークが軽い」「目標達成意識が高い」などといった能力・スキルを導き出すことができるはずです。
そのほか、「経理担当で業務フローの改善を提案し、計上ミスを50%削減した」という経験・実績からは、「提案力・実現力が高い」「改善施策を立案できる」「他部署との連携作業が得意」「正確性・効率性を重視する」という能力・スキルを導き出すことができます。

自己PRを100~200文字程度の短い文章にまとめる

最後は自己PRを文章にまとめるてみましょう。
ポイントは経験・実績、能力・スキルを入社後にいかに活かすことができるかを明確に記載することです。

まずは厳選した自己PRに含めるべき経験・実績をそのまま文章にします。
「前職では5年間、新規営業に従事してきました。業務にあたっては毎月20件の新規顧客への訪問を自身の目標として設定。結果として毎年、売り上げ150%増を達成しました」などと書けばいいでしょう。

続いて、求人情報などで調べた入社後のミッションに、考えた経験・実績に紐づく能力・スキルが活かせることを記載します。
例えば、「これまで培ってきた、新規顧客拡大に対するフットワークの軽さ、目標達成意識の高さを貴社の営業チームでも発揮することで、貴社の利益に貢献したいと考えております」などと書けば完成です。

自己PRは簡潔にまとめるのが鉄則です。
履歴書・職務経歴書に長文で書き連ねたり、面接で長々と話したりしても、結局、何をアピールしたいのか分かりにくくなり、採用担当者に伝わりません。
100~200文字程度にまとめるのがいいでしょう。
気になる点があれば、面接などで採用担当者のほうから深掘りしてくれます。
自己PRで抽象的な強みやプライベート・学生時代のエピソードはNG

自己PRの内容から採用担当者が読み取りたいのは、「入社後に活躍してくれそうな人材であるかどうか」です。
「明るい」「優しい」といった抽象的な強みを訴えても、それが仕事にどのように活かされるかがイメージしづらく、あまり意味がありません。
また、プライベートや学生時代のエピソードをアピールすると、「社会人なのに仕事上の強みがないのか」と逆にマイナスに捉えられてしまう可能性もあります。
自己PRには必ず仕事上の経験・実績を選ぶようにしてください。
完全無料転職サポートエントリー