転職ノウハウコラム

【品質管理・品質保証職】職務経歴書テンプレート見本

■職務要約

○○大学○○学部を卒業後、新卒にて株式会社○○○○○に入社。研修終了後、品質保証部門へ配属。 試作品の検査業務に従事し、製品検査のスキルを身に着ける。
その後、品質管理スタッフとして、新工場、新ラインの立上げと量産後の品質管理業務に従事。統計的手法を用いた製品品質向上、不具合品の原因調査と対策立案、是正業務を担当。××××年×月から3年間タイ子会社に駐在し、新ラインの立上げ、製造現場の管理と品質改善活動、客先品質部門の窓口業務、現地スタッフへの指導を実施。20××年×月より、本社品質管理部に帰任し、品質管理業務に従事。

■職務経歴

20xx年xx月~現在 株式会社○○○○○
事業内容:自動車向けエンジンの設計、製作
資本金:x千万円 売上高:xxx億円 従業員数:xxx人 本社所在地:広島県広島市 設立年:19××年
雇用形態:正社員

20xx年xx月~20xx年xx月
配属先:品質管理部 試作品質管理チーム

【担当製品】
自動車エンジン

【業務内容】
・試作品の製品検査、合否判定、是正
試作品に組み込まれるプレス部品、旋削部品、精密部品の検査を担当。
ノギス、ハイトゲージ、マイクロメータ等の一般寸法検査機器に加え、三次元測定機、形状測定機、真円度測定器、3Dデジタイザー等を使用して製品寸法検査、寸法異常個所の
是正フォロー。

【実績・取り組み】
検査コストの削減を実現するため、新しい検査機器の導入、検査項目の見直しなどを行い、前年比コストをXX%に抑えました。


20xx年xx月~20xx年xx月
配属先:品質管理部 品質管理チーム
職位:リーダー

【担当製品】
自動車エンジン

【業務内容】
・試作、量産試作、量産品の品質管理
新工場、新ラインの立上げを担当。
試作段階から新製品の問題解決、新ライン立上げ前の工程監査と量産試作品の出荷前評価、量産前の工程整備完了状況確認実施。

【実績・取り組み】
ひとつの製品で発生した不具合の原因を解明したら、ほかの製品でも同様の不具合が起こりうると判断した事例では、設計担当とも連携し、今後の製品でも不具合防止の対策として導入できる規格を設計しました。結果として前年の不具合をxx%削減することに成功しました。

20xx年xx月~20xx年xx月
配属先:タイ子会社 xxxxxxxxxxx  出向
職位:係長

【担当製品】
自動車エンジン

【業務内容】
・品質管理
新ライン立上げ、量産品管理と工程改善、品質部門の現地スタッフ指導を担当。
客先品質、調達部門との窓口業務。
本社と現地スタッフ間のインターフェース。

【実績・取り組み】
製造ラインの新規立上げを経験し、社内工程のみならず、サプライヤーにも出向き工程整備状況の把握。また、各サプライヤーのマシニング、熱処理などの工程知識を得ました。メキシコ現地スタッフとコミュニケーションを取りながら業務遂行しました。現地客先からの工程監査対応、要求事項の把握と対応による客先との調整を実施致しました。

20xx年xx月~現在
配属先:品質管理部 試作品質管理チーム
職位:係長

【担当製品】
自動車エンジン

【業務内容】
試作品検査計画立案、データまとめ、改善活動
・新機種立上げの試作品評価と問題点是正活動推進中

■活かせる経験・知識・技術

・xxxx材料及びxxxx材料の知識・経験
・3Dデジタイザーを使用した製品形状分析
・三次元測定機、真円度測定機等を使用した製品測定
・QC七つ道具でのデータ分析
・試作から量産立ち上げまでの品質改善活動推進
・品質保証体制構築、品質保証マネジメント
・顧客クレーム対応
・ビジネスレベルの英会話スキル(TOEIC750点)

■資格

・機械検査2級(xxx年xxx月取得)
・eco検定(xxx年xxx月取得)
・QC 検定2級(xxx年xxx月取得)
・TOEIC750点(xxx年xxx月取得)

■自己PR

<不具合改善のための製造現場との折衝力>
不具合が発生した場合、作業工程に関して現場社員にヒアリングを実施します。その他業務を遂行しながらの原因追及となるため、双方に負担が軽減できる様配慮して実施。ヒアリングの際、不具合の影響範囲や重要度の説明を徹底し、協力を得ながら実施する様尽力しております。結果として、改善すべき不具合が発生した場合は、現場の協力姿勢を得られ、スムーズな工程見直しが実現できています。

<分析と調査を基にした課題抽出力>
不具合が発生した際、検査や評価成績の膨大な蓄積データを基に原因究明のための分析を行います。不具合データから原因と考えられる作業工程を特定し、仮説を立てて調査を実施。過去の不具合の改善例なども参考に、作業工程を見直し原因を抽出しています。原因特定後は、現場と相談してテストを繰り返し、対策を立てて不具合の解消に努めてきました。結果として、製品化した商材は不具合発生0件を維持できています。

【品質管理・品質保証職】職務経歴書の書き方のポイント

1.品質管理の仕事は多岐に亘り、企業によって担当する領域が異なります。よって、品質管理や品質保証業務で、ご自身が担当してきた製品と、主要顧客や担当業務領域を記載してください。

2.顧客対応がある場合には、顧客折衝経験や対応範囲(クレーム対応、レポート作成、不良解析、監査対応など)についても明記して頂くと良いです。

3.実施業務の成果に関しては、出来るだけ具体的な数値を交えた記載を心がけましょう。
例)
ひとつの製品で発生した不具合の原因を解明したら、ほかの製品でも同様の不具合が起こりうると判断した事例では、設計担当とも連携し、今後の製品でも不具合防止の対策として導入できる規格を設計しました。結果として前年の不具合をxx%削減することに成功しました。

4.取り扱い可能な測定機器、分析機器は明記しましょう。
例)ノギス、ハイトゲージ、マイクロメータ等の一般寸法検査機器、三次元測定機、形状測定機、真円度測定器、3Dデジタイザー

5.ISOなどの規格対応や品質システムの構築や統括などのご経験があれば、アピール材料となりますのでこちらも漏れなく明記しましょう。
例)
ISO 9001取得活動(部内、部外への工程指導、ルール制定、文書管理)
QMS システム統括管理(内外監査対応、品質マニュアルや品質規定の文書管理対応、QMS-ICT 導入全体統括)

完全無料転職サポートエントリー