転職コンサルタントが教えるキャリア別アドバイス

大手出身・東京からのUターン組

大手、外資系企業出身者や東京から地方都市へU(I)ターン転職を考えている人が、地場企業に転職することほど難しいものはないのではないでしょうか。なぜなら大抵の場合、次の2つの大きな壁にぶち当たるからです。

(1)求人がない(少ない)/(2)条件が悪い(給与が低い)

特に東京からのUターン組に【(1)求人がない】で悩む方が多いようです。大手企業から中堅中小企業に転職される方は【(2)給与ダウン】が切実な問題となります。

人によっては求人数が1/20!?

Uターン組の場合、東京と地方とでは企業数、人口数に違いがあるため当然求人件数にも差は生じるものですが、そうとは分かっていながらも実際に地方都市に目を向けるとあまりの求人数の少なさに驚愕される方も少なくありません。さらに年齢を重ねれば重ねるほどその傾向は強くなります。

東京都広島の転職市場の違い東京と広島を比較した場合、企業数は概ね6~7倍の差があり、求人数も同様に違いがあります。実際に色々と制約(相対的に求人化しにくい職種希望、外資系への拘り、まだ地方展開されていないビジネス、サービスに強みを有する場合など)が加われば、さらにその差は激しくなり、人によっては求人数が1/10や1/20になる場合もあります。

「以前(東京で)転職をした時には10件以上の求人案件を紹介して貰ったけど(広島では)1社しか紹介して貰えないのですか? 本当に他に求人はないのですか?」

あるIターン希望者をご支援させていただいた時に言われた言葉です。しかも1度や2度ではありませんでした。

制約(希望):外資系×人事管理職

広島の人であれば、外資系の人事職(しかも管理職)の求人が広島で浮上することは滅多にないことは知っていますが、いつも当たり前のようにそういう求人が身の回りにあった同氏にとっては、信じがたい現象であったに違いありません。

少ないチャンスをものにするために必要なことは

ほんの一例を挙げましたが、東京からのU(I)ターン希望者や大手企業出身者は何かと地方とのギャップ、中小企業とのギャップを感ずるもののようです。

U(I)ターンすると決めた以上、大手企業を退職すると決めた以上、できるだけ早く頭を切り換え特有の事情をご理解されることをお勧めします。そうしなければ、非常にしんどい転職活動になります。

ちなみに某氏に関しては言えば、その後めでたくご紹介企業へご入社されましたが、広島でのご事情を理解いただけたのか、暫くして「本当に求人がなかったんですね」と転職活動を振り返られました。

この時ワンチャンスをものにできたことは本人のキャリア、人柄によるところですが、決断を下すスキル(覚悟)を持ち合わせていたことが最大の要因ではなかったかと思っております。

この企業のお話をご本人がお断りされていたら当時の広島には他に案件はありませんでした。それを思うとゾッとします。

できるだけ早く東京と広島の転職市場の違いを理解し
頭を切り換えること

転職コンサルタントが教えるキャリア別アドバイス

転職のプロが教える年代別・ケース別アドバイス by キャリアコンサルタント河野翆

  • 新卒者
  • 第二新卒者
  • 30代の転職
  • 40代の転職
  • 50代の転職
  • 大手出身・東京からのUターン組
  • キャリアアップを目指す方
  • キャリアチェンジしたい方
  • 派遣出身の方
  • 転勤できない方
  • 【番外】転職起業で嫌われる人材?こんな人にはならないで?

あなたにぴったりな職場が必ずあります

広島を中心に人材紹介サービスのほか、経営コンサルティングサービス、M&Aサービスを展開する共栄経営センターならではの情報網を駆使し、あなたの「ぴったり」をお探しします。

  • 【転職のご相談】お電話で 082-228-7442 10:00~17:00(土日祝除く)
  • 【登録無料】まずは転職サポートエントリー