転職コンサルタントが教えるキャリア別アドバイス

30代の転職

30代の転職30代ともなると管理職となり部下を持ち部門を背負い経営サイドに立ったビジネスを展開している人も多いかと思います。中には役員に就任したり、或は独立起業している人もいらっしゃいますが、その一方で、なかなか昇格もできず、或は新入社員や後輩が入らないためにいつまで経っても若手のまま(最年少)という人も少なからずいらっしゃいます。職を転々としアルバイトで繋ぐ方も中にはいらっしゃいます。

20代にはなかった格差というのが、段々と出始めるのが30歳前後で、40を手前になる頃にはその差は広がるばかりです。

気力、知力、体力が最も高い位置にあるのが30代であり、この10年間の頑張りが定年退職までの職業人生を決めると言っても過言ではないと思っております。

30代前半は業界未経験も可能性あり。後半は即戦力でなければ厳しい。

30代について考えるときは前半と後半に分けて検討する必要があります。
前半は、業界未経験であっても転職できる可能性はありますが、後半へ移るに従い「業界出身者で即戦力者」と企業側の要望は強くなって参ります。

また、その際に求められる一つの例としては、マネジメント力と実働力、いわゆるプレイングマネージャーとしての力量が挙げられます。

では、上述しましたような部下がいない人はどうするのでしょうか? 部下がいなければ部下の指導のしようもないわけですが、採用条件の1つに「マネジメント経験を有する人」とあった場合は? この場合は、確かに経験がないことは極めて不利になり、まして管理職者採用の求人ニーズであれば、内定を得ることは考えにくいです。

では、そこまで要求されない(その必要もない)ところへ転職しますか?
でも、それって、あまり意味のない転職なのかもしれませんね。

さあ、では、どうしましょうか?
この際、上司に部下になって貰いましょうか。
まさか、ですよね。
でも、これは半分冗談で半分は真面目な話です。

役職としてマネジメントの立場になくても、マネジメント経験はアピールできる

上司を部下にするという表現は正しくありませんが、上司を巻き込んで何かを推進する、そのプロジェクトにおいては、プロジェクトリーダーとして全権を持ち、上司にも指示を出し、納期や進捗の管理を行い、場合によっては、教えるという領域をも体験する。

こうした代替スルキを如何に社内外で見つけ磨いていくかで、身に付く力というのは随分と変わってくるものです。

面接時にマネジメント経験は?と面接官に問われ「ありません。部下はいませんでしたので」と答えるのと「ありません。ただ、私はプロジェクトリーダーとしてマネジメントを疑似体験させて頂きました。その内容ですが?です。 以上のことからマネジメントに挑戦したいと思っております」と答えるのと、どちらが内定に近いと思われますか? いわずもがな、後者ですね。

部下がいなければ仕方がない、と捉えるか、自分自身のスキルを高めるために、自ら考え、動き、体験し、結果を出し、検証し、次へ繋くという作業を行うか。ここで勝負がつきます。

マネジメントという分かりやすい大きな括りの中でのお話しを致しましたが、30代でやらなければならないこと、身に付けておきたいスキルなど多くの書籍も教えてくれます。

限られた30代という期間を無駄に過ごすことなく、貪欲に邁進下さい。
それが出来ていらっしゃる方は大抵皆さん良い転職(満足できる転職)を実現されております。

30代前半と後半で転職市場は大きく異なる。
マネジメントを中心に実績を積んでから転職を。

転職コンサルタントが教えるキャリア別アドバイス

転職のプロが教える年代別・ケース別アドバイス by キャリアコンサルタント河野翆

  • 新卒者
  • 第二新卒者
  • 30代の転職
  • 40代の転職
  • 50代の転職
  • 大手出身・東京からのUターン組
  • キャリアアップを目指す方
  • キャリアチェンジしたい方
  • 派遣出身の方
  • 転勤できない方
  • 【番外】転職起業で嫌われる人材?こんな人にはならないで?

あなたにぴったりな職場が必ずあります

広島を中心に人材紹介サービスのほか、経営コンサルティングサービス、M&Aサービスを展開する共栄経営センターならではの情報網を駆使し、あなたの「ぴったり」をお探しします。

  • 【転職のご相談】お電話で 082-228-7442 10:00~17:00(土日祝除く)
  • 【登録無料】まずは転職サポートエントリー