転職コンサルタントが教えるキャリア別アドバイス

50代の転職

やはり最も苦戦するのが、この年代でしょう。
50代前半の場合、「あと10年程度頑張って貰える。この間に次世代を担う後進の指導をお願いしよう」という理由から採用に至るケースもありますが、そうそう浮上するような話ではないことは容易に想像できると思います。

また、余程抜きん出ているスキルの持ち主であれば多方面から声はかかりますが、それなりに自信はあっても、そこまでは言い切れないなとお感じの方は、やはり苦戦を強いられると思います。

それは決してスキルが低いとか劣っているとかではなく(寧ろハイスキルの持ち主だと思います)、単純に需要が少ない、というだけの話です。

それでもどうしても転職がしたい、という場合は、なるべく以下の柵、足枷を外してみて下さい。

収入への拘りを極力なくす
満足できる仕事内容で内定を得た人材がいらっしゃいましたが、大幅に年収がダウンすることから内定を辞退されました。決して世間相場的に低い年収ではなく前職が良かっただけにそのギャップを感じたものと思いますが、「まだいい話があるのではないか」と欲を出されたのだと思います。結局その後、目ぼしい案件もなく、内定時に提示された年収より更に希望年収を下げてもなかなか決まりません。その後、年単位の転職活動を強いられました。「あの時入社していれば…」
勤務地の幅を広げてみる
親御さんの介護の必要性からUターンされた方やお子さんがまだ小さいからという理由、持ち家を手放したくない等の理由から転居を伴う転職を拒むケースは非常に多いのも事実ですが、転職しなければならない理由と照らし合わせ、フレキシブルに対応されれば、可能性は高まります。単身赴任などで解消した方もいらっしゃいます。
業界や規模などに拘らない
ある特定の○×業界は避けたいという方。傾向として○×業界を避けたいのはあなただけではないかもしれません。若手のように潤沢に求人があれば避けて通っても宜しいかと思いますが、それは貴重な案件の1つです。他者が避けているだけチャンスはあります。もしかしたら○×業界のイメージを変えたいと考えている企業さんかもしません。

50代の転職を「最後のご奉公」と捉える方も多く、これまでの職業人生の集大成であると言えます。皆様方の素晴らしい技能や智恵を是非後進に引き継いで頂き、悔いのない職業人生を送って頂ければ幸甚です。

なるべく条件の幅を広げる。
自らのスキルを後進に引き継ぐ心意気で取り組む。

転職コンサルタントが教えるキャリア別アドバイス

転職のプロが教える年代別・ケース別アドバイス by キャリアコンサルタント河野翆

  • 新卒者
  • 第二新卒者
  • 30代の転職
  • 40代の転職
  • 50代の転職
  • 大手出身・東京からのUターン組
  • キャリアアップを目指す方
  • キャリアチェンジしたい方
  • 派遣出身の方
  • 転勤できない方
  • 【番外】転職起業で嫌われる人材?こんな人にはならないで?

あなたにぴったりな職場が必ずあります

広島を中心に人材紹介サービスのほか、経営コンサルティングサービス、M&Aサービスを展開する共栄経営センターならではの情報網を駆使し、あなたの「ぴったり」をお探しします。

  • 【転職のご相談】お電話で 082-228-7442 10:00~17:00(土日祝除く)
  • 【登録無料】まずは転職サポートエントリー